時間を取り戻す宿時間を取り戻す宿

忘れかけていた時間を思い出す

学校の帰り道で目にした小さな花
アスファルトに降る雨の匂い
夕暮れに鳴くセミの声

子どもから大人になる過程で失われていくもの
知らないうちに消えていく大切な時間

風の歌を聴こう
木々のささやきを感じよう
虫や鳥たちの声に耳を澄ませよう

ここは風と時間の通り道

静けさと明暗の光につつまれ、
ハンモックに揺られながら少しだけ目を閉じて

ときおり聞こえる風鈴が、風と時間に色を添える

140年の時を経て、
ただそこに在り続けるということ
時間は生活そのものであるということ
あなたがあなたであること

どこにもない家は、
今日も変わらずあなたをお待ちしております

どこにもない家 どこにもない家 どこにもない家

静かな時間を過ごす静かな時間を過ごす

時間がゆっくりと流れる「どこにもない家」。
ゲストハウス内にある時計の針は、
なぜかすべてが止まったまま。
あなたが時間を取り戻したとき、
止まった針が動き出すかもしれません。

時間がゆっくりと流れる「どこにもない家」 静かな時間を過ごす 時間がゆっくりと流れる「どこにもない家」

築140年の古民家に流れる
静かな、ゆったりとした時間

1人で畳の上に寝転んでいると、
ときおり聞こえてくる風鈴の音

せわしない日常はひとまず忘れて、
とことん1人の時間を過ごしてみる

これもまた贅沢な
時間の使い方ではないでしょうか

ハンモック 「どこにもない本屋」 モモ ハンモックとモモ

ページをめくるたび、
新たな発見や、
忘れていた感情を
思い出させてくれる物語

ハンモックに揺られ、
好きな本を読みながら気がつけばウトウトと

当ゲストハウスには、
家主が1冊1冊コツコツと選び集めた
「どこにもない本屋」がございます

自然な時間を過ごす自然な時間を過ごす

「どこにもないから、どこにでもある」。
すべての人に等しく与えられている時間。
当たり前すぎて見逃しているもの。
ふとした瞬間にそれを思い出す。
そんな時間を取り戻す「どこにもない家」。

体験 自然に近く、生活に即す 自然に近く、生活に即す体験

「自然に近く、生活に即す」

土や植物にふれることは、
自然な自分に近づくこと
手や体を動かすことは、
自分の生活をつくること

当ゲストハウスが大切にする価値観は、
ご用意している様々な「体験」を通じて
感じていただけます

囲炉裏 貸し切り 料理 囲炉裏

貸切に近い形で
ご利用いただける古民家空間は、
使い方も自由

友だちと一緒に作る料理
囲炉裏を囲んでの食事とお酒
風呂上がりの雑魚寝

ここでしかできない時間の過ごし方、
人と人との関わり方

大切な時間のネジをしっかりと巻いて
お帰りください

お知らせINSTAGRAM

  • チェックアウトの際にお客様より「このお椀が欠けていて…」とお声がけをいただきました。 どこにもない家に置いている器は古いものが多く、欠けに気づかずお出ししてしまったのだろうと、「すみません…!」とお詫びしようとしたところ、全然そういうことではなく。 お話を聞くと、その方は金継ぎをされていて、金継ぎの練習に必要な「欠けたお椀」を探すのが大変で、ぜひそのお椀を金継ぎさせてほしいとのことだったのです。 まさか欠けたお椀を必要とする方がいるとは想像もせず「ぜひぜひお持ちになってください」と、そんなやりとりをさせていただきました。 そして先日、その欠けたお椀がどこにもない家に戻って参りました。 金をあしらわれ、前よりも何だか満足気な様子のお椀くん。 壊れたら捨てるのではなく、継いで丁寧にながく使う。 そんな「金継ぎ」という在り方にとても共感します。 どこにもない家にお泊まりの際はぜひ使ってみてください。 #お茶碗#器#金継ぎ#古民家#ゲストハウス#どこにもない家#コンセプト#本#モモ#時間#取り戻す
    インスタグラム instagramで確認する
  • 先日、とある先生のご自宅を訪問し、庭と森(と私たちが勝手に呼ぶ、本や民具など大量の所蔵品)を拝見する機会を得ました。 先生が何十年にわたってコツコツと集められた品々。 それらを眺めているだけで、先生のあたたかくゆたかな視点を感じとることができ、本当にかけがえのない時間になりました。 訪問中にあった出来事の1つをご紹介します。 私たちがお伺いすると、まず最初に先生の倉庫へ案内されました。 小さめの体育館くらいある広さの倉庫の中には大量の本が貯蔵されていて、私たちはその中をワクワクしながら渉猟していました。 本は棚に並べられているものが多かったのですが、中にはまだ段ボールに入ったままのものも。 「自由に開けて見ていいよ」とのことだったので、何となく目についた段ボールを開けたところ、出てきたのが写真の絵本「おおぐいタローいっちょくせん」だったのです。(しかも3冊) この本は私がちょうど次に買おうと目をつけていた本でした。 さらに!その本が入っていたダンボールにはミヒャエル・エンデ全集も一緒に入っていたのです。 思いもよらない出会いに大興奮した私は、その本やこの状況についてアレコレ熱弁。 その様子を眺めていた先生は、諦めたような目で「差し上げます」と優しくほほ笑みました。(先生、本当にありがとうございます!!) ということで、ちゃっかり先生のサインまでいただいたこちらの絵本。 どこにもない家で自由にお読みいただけますので、お越しの際はぜひ手にとってみてください。 #マスダカルシ#おおぐいたろーいっちょくせん #絵本#古民家#ゲストハウス#どこにもない家#コンセプト#本#モモ#時間#取り戻す
    インスタグラム instagramで確認する
  • 先日のワンシーン。 藤棚が満開のよく晴れた朝。 縁側に寝転ぶおじさん2人がいたので、なんとなくおもしろく感じて写真を撮りました。 1人は福岡からいらっしゃった方だったのですが、あとから聞くと「自然とウグイスの鳴き声が贅沢すぎる!」とのことでした。 ふだん住んでいると当たり前になってしまっている何気ないものごと。 1つひとつを大切にしながら過ごしたいなと感じました。 #古民家#ゲストハウス#どこにもない家#コンセプト#本#モモ#時間#取り戻す
    インスタグラム instagramで確認する
  • とても気持ちの良い日ですね。 昨日はスッカのももちゃんと庭の草刈りをして、ボサボサだったところをいろいろ整えました。 西側に植えたクレマチスが今までで1番大きな花を咲かせています。 しっかり根が張れたのかな。 今朝は自転車でお越しくださったお客様をお見送りして、次のお客様のためにお掃除そしてお整えです。 #古民家#ゲストハウス#どこにもない家#コンセプト#本#モモ#時間#取り戻す
    インスタグラム instagramで確認する
  • イベント出店にカシオペイアを連れていったらかっこいい帽子をかぶせてもらいお友達も出来て、更にはお喋りもしてくれました。 ありがとう! #イベント出店#ノマド#名倉メロン農場#亀#カシオペイア#古民家#ゲストハウス#どこにもない家#コンセプト#本#モモ#時間#取り戻す
    インスタグラム instagramで確認する
  • イベント出店しております。 とても気持ち良いです! #イベント出店#名倉メロン農場#古民家#ゲストハウス#どこにもない家#コンセプト#本#モモ#時間#取り戻す
    インスタグラム instagramで確認する
  • 5月8日水曜日の夜にシタール演奏会を開きます。 シタール奏者、加藤貞壽さんとの出会いは3年前の遠江国一宮 小國神社で行われた奉納演奏の時でした。 神社の境内に響き渡るシタールの音色はとても神秘的で、心を鎮めながらも奥深くでは何かを呼び覚ますような感覚を抱きました。 物も情報も溢れる現在。 自分にとって大切で必要なものとは。 新月の始まりと再生の時、シタールの音色とともに本来の自分と過ごす時間。 ご来場お待ちしております。 ---------------------- 「新月に奏でる〜シュタール夜想曲〜」 奏者:加藤貞壽 teijukato 日時 2024年5月8日(水) 開場 17:00~ 開演 19:00~ 料金 3,000円 会場 どこにもない家 申込 プロフィール欄URLお申し込みフォームからお願いします スッカのカレープレートもあります😋 sukka_momonoie (要予約:申込フォーム内でご予約できます #シタール#演奏#演奏会#コンサート#加藤貞壽#古民家#ゲストハウス#どこにもない家#コンセプト#本#モモ#時間#取り戻す
    インスタグラム instagramで確認する
  • ひさしぶりに天気がよく、きもちいいなと思いながら庭を歩いていると、スミレが咲いているのをみつけました。 太陽の光をいっぱいにあびながら、うすむらさき色で咲くスミレたち。 かわいいですよね。 すみれの花言葉は「小さな幸せ」、ほんとうにそんな気持ちになりました。 #すみれ#庭#春#古民家#ゲストハウス#どこにもない家#コンセプト#本#モモ#時間#取り戻す
    インスタグラム instagramで確認する

作り手 作り手

「どこにもない家」でご協力いただいた
クリエイターさんをご紹介!