時間を取り戻す宿Das Gästehaus, das Ihnen die Zeit zurückgibt

Erinnern Sie sich an die vergangene Zeit, die Sie beinahe vergessen hätten:

Kleine Blumen, die Sie genau betrachtet haben, als Sie von der Schule nach Hause liefen
Der Geruch von Regen, der auf den Asphalt fiel,
Das Zirpen der Grillen am Abend -

All die Dinge, die wir vergessen, wenn wir von Kindern zu Erwachsenen heranwachsen
Zeit, die vergangen ist und nicht wiederkommt.

Lauschen Sie doch dem Gesang des Windes,
spüren Sie dem Rauschen der Bäume nach
und hören Sie mal den Vögeln und den Insekten zu -

an einem Ort, wo Wind und Zeit passieren.

Schaukeln Sie in der Hängematte, von Stille und Licht eingehüllt, und schließen Sie kurz die Augen;

manchmal ist das Windspiel zu hören, das Wind und Zeit seine Töne leiht.

140 Jahre sind schon vergangen und weiterhin steht dieses Haus hier
Zeit ist nichts anderes als Leben
und Sie können einfach nur Sie selbst sein.

Das Nirgendhaus steht auch heute unverändert für Sie offen.

どこにもない家 どこにもない家 どこにもない家

静かな時間を過ごすVerbringen Sie eine Zeit voller Ruhe

Bei uns im „Nirgendhaus“ vergeht die Zeit ganz langsam.
Die Zeiger der Uhren im Gästehaus sind aus unerfindlichen Gründen stehengeblieben.
Aber wenn Sie genügend Zeit zurückerhalten haben, vielleicht beginnen dann die Zeiger wieder sich zu drehen...

時間がゆっくりと流れる「どこにもない家」 静かな時間を過ごす 時間がゆっくりと流れる「どこにもない家」

Zeit, die langsam und gemächlich durch ein 140-jähriges, traditionelles japanischen Bauernhaus geflossen ist.

Werden Sie ein Teil davon, entspannen Sie ungestört auf Tatami-Matten; im Hintergrund leise das Windspiel.
Vergessen Sie den stressigen Alltag und genießen Sie Ihre eigene Zeit ausgiebig.
Ist dies nicht die luxuriöseste Art, Zeit zu verbringen?

ハンモック 「どこにもない本屋」 モモ ハンモックとモモ

Vielleicht mit einem Buch, das mit jeder Seite neue Dinge offenbart und schon vergessene Gefühle wieder zurückbringt?

Vielleicht schaukeln Sie dabei so lange in der Hängematte, bis Ihnen die Augen zufallen?
Unser Gästehaus hat auch eine „Nirgend-Bibliothek“, deren Bücher wir Stück für Stück sehr sorgfältig ausgewählt haben.

自然な時間を過ごすVerbringen Sie Ihre Zeit auch mit Spaß

„Weil sie nirgends ist, ist sie überall.“
Zeit - sie ist allen Menschen gleichermaßen gegeben
Sie ist so selbstverständlich, dass wir sie leicht ignorieren
Nur in flüchtigen Momenten erinnern wir uns daran
Dafür steht unser „Nirgendhaus“ - das Gästehaus, das Ihnen die Zeit zurückgibt.

体験 自然に近く、生活に即す 自然に近く、生活に即す体験

„Natur erfahren, Verbundenheit erleben“

Berühren Sie Pflanzen und Erdreich, wenden Sie sich der Natur zu.
Denn die Bewegung unserer Hände, unseres Körpers gibt uns Lebendigkeit.
Unser Gästehaus legt darauf einen großen Schwerpunkt und wir bieten auch „Aktivitäten“ an, zu denen wir Sie gerne einladen.

囲炉裏 貸し切り 料理 囲炉裏

In dem alten japanischen Bauernhaus sind Sie so gut wie allein. Sie können fast alles ganz ungezwungen nutzen.

Zum Beispiel mit Freunden kochen
An der traditionellen Feuerstelle sitzen, gemeinsam essen und trinken
Nach dem Bad in die Futons kuscheln
Zeit-Erlebnisse und Beziehungen zwischen Menschen, die nur hier möglich sind.
In unserem Gästehaus können Sie die Feder Ihrer Zeituhr so weit wie möglich aufziehen, bevor Sie wieder nach Hause zurückkehren.

お知らせINSTAGRAM

  • 自然栽培米生酛純米酒「穂の穂」 そのリーフレットを開くとこう書かれています。 「古来より日本人は稲と共に歩んできました。 そのひと粒ひと粒には七つの神様が宿ると言われています。 土、風、雲、水、虫、太陽、そして作り手である私たち人間です。」 このはじまりを読んでグッと引き込まれました。最後まで読むと穂の穂に込められた熱い想いが伝わってきます。 そして、先日この酒粕を使って鮭と根菜の粕汁を作ってみました。 昆布と干し椎茸のだし汁に大根、人参、牛蒡、里芋、葱、ジャガイモ、豆腐、塩鮭を入れて煮ました。 それから酒粕をだし汁に溶いて混ぜると、白濁した汁から何とも穏やかな優しい何かがふわーっと広がる感じがしてとてつもない幸せ感に包まれました。 そこへ今度は自作の味噌を混ぜるわけです。 味の域を越えたとても豊かな何かを感じる粕汁に仕上がりました。 この粕汁を食べながら穂の穂をチビチビと飲む。 これ以上の贅沢はございません。 #穂の穂#日本酒#自然栽培米#酒粕#粕汁#アオシマシステムエンジニアリング#杉井酒造
    インスタグラム Überprüfen Sie auf Instagram
  • 熱い人たちが集まる場になれて大変に光栄です🙏 いつもありがとうございます✨ #Repost @taro_hatake with @make_repost ・・・ 沢山の頂きものは、県内の自然農のお茶や作物です🍊🍋🍵🌱🌱🌱 @tuti.to.taiyo ・ 静岡自然農の会長さんや、土と太陽の会の皆さんとお話しをすることができました。 なかなか自然農をやっている方にお会いすることがなくて、実際にやっている方たちにお会いして、興味深々。 畑のこんなことあんなこと、話しが通じるのが面白い。 ・ スッカデザートは、名倉メロンさんのメロンタルト🍈🍈🍈✨ @nagura_melon_nojyo ・ お裾分けで赤ずきんちゃんの大きな苺も🍓🍓🍓✨ @akazukin15 @hiroaka610 ・ 農法は違っても、それぞれ頑張っている熱い人たち。 #農薬不使用#化学肥料不使用#不耕起栽培#草生栽培#自然農法#自然農#畑#畑好き#畑面白い#タロ畑#オーガニック#静岡#菊川市#タロの畑#循環#多様性#多様性のある世界#固定種#在来種#ポタジェガーデン#フォレストガーデン#掛川市#好きなこと#面白い
    インスタグラム Überprüfen Sie auf Instagram
  • どこにもない家が1日限定「おはなしのおうち」になります📚 児童文学の「モモ」をコンセプトにしているどこにもない家。 子供たちに向けた絵本の読み聞かせの場に選んでいただけて大変光栄です。 ありがとうございます😊 #Repost @machi.ehon with @make_repost ・・・ ずっと、まきさんと、「絵本の読み聞かせのためだけの特別な時間」を作りたいねと話していました。 絵本の世界に入り込んでもらえる特別な時間。 そんな特別な時間を過ごしてもらえる日を、実現させちゃいます! . 『おはなしのおうち』 2月20日(土) 午前の部 10時〜11時30分 (受付9時〜9時45分) 午後の部 14時〜15時30分 (受付13時〜13時45分) 参加料:大人 1000円 小学生 500円 小学生未満 無料 開催場所:どこにもない家 住所:掛川市大坂7824 ※状況によって駐車場が離れた場所になる可能性があります。時間に余裕をもってお越し下さい . こんなご時世ではありますが、換気などしつつ開催します。 子どもも大人も、絵本や物語が大好き❣️という人は是非!ゆるりと遊びにきてください😊✨ . まきさんの素敵なよみきかせ、クリスタルボウルの癒しの演奏会。そしてその時感じたものや色を小さな木の輪切りに描いて持ち帰ろう! 美味しいパンやスコーン、チャイとともに、絵本の世界へ入り込んでみませんか?
    インスタグラム Überprüfen Sie auf Instagram
  • 本日、ポップアップカフェスッカご来店ありがとうございました。 気温の低さはありましたが、どこにもない家では風も穏やかで日差しを暖かく感じられる1日となりました。 縁側でランチのお客様、足を投げ出してのひなたぼっこ姿に思わずパシャリ📸 明日もポップアップカフェスッカオープンです😊 ランチメニューは2種のサンドメニュー🍔🥪 スイーツにはメロンタルトとモーモーチャーチャーを。 材料元詳細↓↓↓ ルッコラ(サンドイッチ)、黒豆&ゆず(モーモーチャーチャー)→タロの畑さん @taro_hatake バンズ(ハンバーガー)→タモズベーカリーさん @tamosbakery メロンタルト→名倉メロン農場さん  @nagura_melon_nojyo 芋切り干し(モーモーチャーチャー)→どこにもない家 換気を十分に行うため、窓を開けております。 こたつやホットカーペット、囲炉裏、ストーブ等用意しておりますが、冷えますので暖かくしてお越しください。 #ポップアップカフェ#スッカ#縁側#ひなたぼっこ#ランチ#スイーツ#どこにもない家
    インスタグラム Überprüfen Sie auf Instagram
  • 2019年「令和」の始まりとともに仕込んだお味噌。 約1年8ヶ月熟成。どこにもない家の土間の片隅にずっと居たお味噌。 囲炉裏端で花開くいろんな話をひっそりと聞いていたお味噌。 寒仕込みがいいと聞くけど、取り掛かるに腰が重くてズルズルと、2019年は初夏になってしまい上手くできるか心配していました。 さらにこれまで1年以上おいたことはなかったからそこらへんもどうなるのか未知で。 古民家の土間の、夏でもヒンヤリな環境がよかったのか。 いざ開けてみたら最高の出来、実際飛び上がってないけど気持ち飛び上がって今日一の喜びでした。 まずはおにぎりに塗りつけて七輪で焼いて食べる。 と思っていたけど、結果まずはなめこ汁に。 おいしいです…‪( ;ᯅ; )‬ #自家製#味噌#1年8ヶ月#熟成#古民家#土間#どこにもない家
    インスタグラム Überprüfen Sie auf Instagram
  • 今年もポップアップカフェスッカlabo.さん、お世話になります🙏 #Repost @sukka_labo with @make_repost ・・・ 新メニューの モーモーチャーチャーが登場 (名前がツボ✨) 1月のスッカ営業日 ▶︎13日、14日 10時半〜 カフェのみ(スイーツ、ドリンク) ※ランチはありません 場所:宇宙キッチンナーティー @gogonaaty.kitchen ▶︎20日、21日 11時〜 場所: どこにもない家 @dokonimonai_ie ▶︎27日 どこにもない家 おざぶの会WS @dokonimonai_ie ▶︎28日 場所:どこにもない家 タロさん @flowerdrops.taro のクレイジーニットパーティー(スッカのランチ付き) ※要予約
    インスタグラム Überprüfen Sie auf Instagram
  • 「おざぶの会」について 日時 1/27(水) 10:00~ 定員 5名 参加費 4500円〜(生地によりお値段少し変わります) ※完成した座布団おひとつお持ち帰り スッカランチ(希望者) →W.S参加者 1300円(ドリンク付) →W.S参加せずランチのみの方 1500円(ドリンク付) ※要予約 W.S内容 ①用意された内袋へのおがくず詰め ②カバー生地選び(数ある遠州木綿の中からお好きなものをお選びいただきます。数種組み合わせてもOK) ③選んだ生地を手縫いで縫い合わせていきます ④完成 ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ ﹊ 「おざぶ」とは「座布団」のこと。 座布団の中には、天然乾燥の天竜杉(静岡県の西北端、浜松市天竜区に生育する杉)のおがくずを使います。 座布団カバーは遠州地方(静岡県西部地方を指す呼称、遠江)の伝統織物である遠州木綿を。 静岡県西部の魅力をまるっとおざぶに仕立てる会。 中身のおがくずは流動性を持って仕上げますので正四角形、長方形、テトラ型etc..と形を変えることが出来ます。 また座布団カバーは至ってシンプルに仕上げますのでカバーの他に、持ち手をつけてバックにしたりアイデア次第でいろいろなものにアレンジ可能です。 開放感のある古民家にて少人数でと考えております。 換気を十分に行いますので暖かい格好でお越しください。 お申し込みはどこにもない家のインスタグラムやFacebookにてメッセージ下さい。 #座布団#つくる#会#遠州#遠江#魅力#詰め込み#どこにもない家
    インスタグラム Überprüfen Sie auf Instagram
  • 1/27(水) 「おざぶの会」やります。 「おざぶ」とは「座布団」のこと。 座布団の中には、天然乾燥の天竜杉(静岡県の西北端、浜松市天竜区に生育する杉)のおがくずを使います。 座布団カバーは遠州地方(静岡県西部地方を指す呼称、遠江)の伝統織物である遠州木綿を。 静岡県西部の魅力をまるっとおざぶに仕立てる会。 開放感のある古民家にて少人数でと考えております。 詳細はまた後ほどupします! おざぶの会、気になる方のスケジュール調整のため日程のみ先に告知させていただきます。 #座布団#つくる#会#遠州#遠江#魅力#詰め込み#どこにもない家
    インスタグラム Überprüfen Sie auf Instagram